アニメ 遊戯王VRAINS 第63話 感想

TURN 63 「転生する炎」

まずは今回の新カードから。

鎧坂
《剛鬼ザ・ソリッド・オーガ》
リンク先に「剛鬼」いれば、破壊されない。
1ターンに1度、自MMZの「剛鬼」1体をリンク先に移動できる。
《剛鬼結束》
EXMに「剛鬼」リンクがいれば、自MMZの「剛鬼」は破壊されず、
自分の「剛鬼」の戦闘での自分へのダメージは0になる。
自LPが相手???

「アーマー」じゃなかったですね。
20180808_01.png
遊作君には新規カードなしで、
代わりになんと《ファイアウォール・ドラゴン》ちゃんが効果を!

穂村
《ライジング・オブ・ファイア》
自場にモンスターがいなければ、自分の炎属性1体を蘇生してこのカードを装備可。
装備モンスターのATKは500アップ。
(同名ターン1)表側表示で場を離れたら、相手のモンスター1体を対象に発動可。
同名を場と墓地から全て除外&1体の元々のATK分のバーン。
《テンペスト・オブ・ファイア》
自場の最高ATKの炎属性1体を対象に発動可。
自場のモンスターを全て破壊し、お互いに対象のATK分のバーン。
その後、対象以下のATKの相手モンスター1体を破壊&ATKの半分のバーン。
発動後、ターン終了時まで自分はNS・SS不可。
《転生炎獣フォクサー》
自分の墓地の「サラマングレイト」リンクが3体以上なら、手札から墓地へ送り、
自分の墓地の「サラマングレイト」リンク1体をEXデッキに戻す。
その後、相手の魔法&罠ゾーンのカード1枚を破壊。
相手の魔法&罠ゾーンのカードが破壊されたら、守備表示で蘇生可。

マッド・マーシュ(《スカル・コンダクター》まで使った!)戦は、
やはり穂村君が「転生」するまでの話だったんですね。
不霊夢との熱いコンビ結成秘話で掘り下げつつも、
一方で「人間を騙せるAI」という要素には一抹の不安も・・・?
20180808_02.png

今回は技術的な面でエマさんがすごかった印象。
結局デュエルの盗み見には成功してたり、草薙さんを助けたり。
20180808_03.png
んで、ちょっとイイとこがなかった道順さんですが、
20180808_04.png
逆に応援したくはあります(ホーガン判官贔屓)。

さて、次回はなんとこのタイミングで遊作君と草薙さんの出会い話をやるようで。
20180808_05.png
1年目であやふやだった部分の補完ができると嬉しいです
(ハッカーの草薙さん側から接触したのかと漠然と考えてました)。
同時に、今後の展開への布石もないか注目したいです(OPの不穏なカットのとか)。


【関連項目】
Soulburnerの使用カード
ブラッドシェパードの使用カード
マッド・マーシュの使用カード
Playmakerの使用カード
鎧坂の使用カード

  

続きを読む


薄毛対策